【DJ PROFILE】Tominori Hosoya a.k.a. Tomi Chair

Tominori Hosoya/Tomi Chair DJ/TrackMaker in Tokyo Japan. He performed DJing house/techno/progressive house and more in his college student days and started house/techno/progressive house/ambient track productions from 2007 in earnest. He make various styles tracks while being based on the deep/melodic/spacey atmosphere. He released his first digital EP on Australian progressive house label ‘Bellarine Recordings’ in 2008 and has released many tracks from many domestic and foreign labels afterwards. A lot of coproducts with ‘Cut Bit Motorz’ – Japanese tech-house creator are included in that from 2011 and has produced more various colors by collaboration with him. In addition, he released his first vinyl on [Atmospheric Existence Recordings] that the UK’s ‘Miles Sagnia’ label in 2013 and got many supports from vinyl lovers. Also he started new projects under the name – ‘Tominori Hosoya’ from 2014. This project has a concept to make musical pieces for ‘important persons, things and memories and more…’ Now he has some future release plans on this name. ——————————————————————————- 東京在住のDJ/トラックメーカー。 2001年からハウス・テクノ・プログレッシブハウスを中心としたDJ活動を行い、その延長で2007年から本格的にトラックメイクをスタートする。ディープでメロディアスな音を基調としながら、様々なスタイルの楽曲を制作。 ‘Tomi Chair’名義で、2008年にオーストラリアのプログレッシブハウスレーベル’Bellarine Recordings’よりファーストリリースをし、その後25を超える多くの国内外のレーベルからアンビエント・ハウス・テクノ・プログレッシブハウス等幅広い楽曲を世に送り出してきた。その中には、日本人テックハウスクリエイターの’Cut Bit Motorz’との共作も多く含まれており、彼とのコラボにより、より様々なカラーを持つトラックを制作している。また、2013年にはUKのMiles Sagnia主宰の”Atmospheric Existence Recordings”から自身初となるアナログをリリースし、多くのアナログファンから支持を得た。 そして2014年、’Tominori Hosoya’名義によるニュープロジェクトをスタート。「大切な人・モノ・思い出に捧げる楽曲」を作るというコンセプトを持つプロジェクトとして、現在いくつかのリリースを控えおり、活動範囲を広げている。 https://www.facebook.com/tomichair http://www.residentadvisor.net/dj/tominorihosoya http://www.residentadvisor.net/dj/tomichair http://soundcloud.com/tomi_chair http://www.mixcloud.com/tomi_chair/ https://twitter.com/TomiChair http://www.clubberia.com/ja/artists/5145-Tomi-Chair-Tominori-Hosoya/